2021.05.07 令和の時代に新たなホームドラマが放送決定 主演に寺西優真、AKB48武藤十夢ら出演






TOKYO MX1の新ドラマ「寺西一浩ドラマ~人生いろいろ~」 7月9日スタート


 寺西優真が主演を務めるTOKYO MX1の新ドラマ「寺西一浩ドラマ~人生いろいろ~」が、7月9日にスタートすることが決定した。毎週金曜午後1時から放送。時代が変わっても“変わらないもの”を描く令和ホームドラマだ。

 令和になり、人の生き方や家族のあり方、そして、価値観も変化が見られる。

このドラマでは、その中でも変わらないもの、人の愛や、友情、親子の情愛に焦点を当て、東京を舞台に、5人の兄弟を育てる肝っ玉母さんと、息子たちの愛情物語を届ける。

出演者は、寺西のほか、八神蓮、上田堪大、北乃颯希、髙松アロハ、馬渕英里何、武藤十夢(AKB48)、中島早貴、青科まき、七川叶憂、上村侑、空花、久田莉子、丘みつ子、冨家規政、長谷直美。

【第1話あらすじ】  東京に100年続く老舗の和菓子屋がある。

和菓子屋「きしだ」は、岸田春彦(冨家)・優子(長谷)夫婦の三男・龍太郎(寺西)が跡を継いでいた。

龍太郎は代々、きしだで作られ続けてきた和菓子とは別に、若者にも手に取ってもらえ、人気が出るような“新しい和菓子”を考案中だった。

ある日、長男・一郎(八神)の結婚式で5人兄弟が集まることに。この日は春彦の姉・数子(丘みつ子)もやって来たが、この一郎の結婚式が思わぬ事態へと発展する。5人も男兄弟がいると、なにかしら「事件」を持ち込んできて、優子や春彦も心休まる時がない今日この頃だった。

 出演者のコメントが届いた。主演の寺西は「念願のホームドラマに出演させて頂きとても嬉しかったです。

100年続く和菓子屋の跡取りですが実は三男。五人兄弟が色々日常に起きる事件を持ち込み、解決しながら家族で協力し生きて行く温かい内容です。僕は主題歌も担当させて頂きますが、ドラマでは島倉千代子さんの『人生いろいろ』も流れ、幅広い層の方に楽しんで頂けると思います。お楽しみに!」とPRした。

 八神は「このドラマはどこの家庭でも起こりそうな事が題材となっているので、多くの方が共感出来る内容になっていると思います」、上田は「岸田隼人役を演じさせていただきます上田堪大です。

隼人は岸田家の次男で、家族の中では協調性がないのに、三男である龍太郎には特別な信頼をしていて、その龍太郎から影響を受け少しずつ成長していきます。お楽しみに」と語った。

 連続ドラマはAKB48の作品以外に出演するのが今回初めてという武藤は「この度、森かなえを演じさせていただきましたAKB48の武藤十夢です。

最初は不安と緊張でいっぱいでしたが、スタッフさんや共演者の皆さんがとても優しくしてくださり、すぐに不安も緊張も消えて撮影に臨めました」と振り返り、「かなえは主人公の龍太郎の彼女役なのですが、普段AKB48で活動している時からファンの方からは、彼女というより友達とか近所のお姉さんみたいな感じと言われるので、彼女感を出すのに苦戦しました。メインストーリーは岸田家中心のお話ですが、森家のシーンも是非注目して見ていただけたら嬉しいです」と見どころをアピールした。

 上村は「コロナウイルスが脅威となったあの時からもう1年が経ちました。

聞き慣れない言葉や、不慣れだったことが今では当たり前になっています。大切な人に会えない日々や、先が見えない日々の中でも、工夫し、試行錯誤を繰り返しながら僕達はこれからも生きていきます。“人生いろいろ”です。是非、ご覧下さい」と思いを寄せた。


https://encount.press/archives/168589/